プロフィール

KiFAスタッフ

Author:KiFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。写真は協会キャラクターのコクサイ恐竜くん。


最新記事


カテゴリ


桜前線が岩手にもやって来ました!
ちらほらと咲き始めていますので、週明けには満開でしょうか穏やかなお天気でお花見日和になると良いのですが

さて協会では今年度の行事第一弾として、地域在住のフィリピン出身の方を講師に「タガログ語入門講座」を予定しています!
間もなく告知&募集開始しますので、もう少々お待ち下さい

前半は簡単な挨拶などを教えていただき、後半はお茶会でフィリピンのお話などお聞きする予定です
フィリピンといえばナタデココ!ということで、フェアトレードドリンクと冷たいデザートを準備したいと思います

30657150_607498266259996_3104172601319229166_n.jpg
ナタデココはどんな風にして食べるのか、良く知らなかったので調べてみました
ヨーグルトやフルーツ缶と混ぜるのが多かったので、早速ヨーグルト&ジャムで試しましたが、美味しかったです

また、ハロハロというパフェのようなデザートはナタデココが入っているとのこと。ただかき氷が必要なのと、紫芋アイスや豆の甘煮、コンデンスミルク、プリン等々、材料がたくさん欲しくて、試してみたいですがなかなか大変そうですそれを混ぜ混ぜして食べるらしいですが、一体どんな味になるのでしょうか
(M)

年度替わり

間もなく東北でも桜の便りが聞かれる時期ですね
年度末を迎え、協会の今年度行事は全て終了し、来年度の計画に入っている事務局です♪
今年度もたくさんの方々にお世話になり、おかげ様で無事に1年を過ごすことができました

行事や協会の運営を通じて様々な方にお会いしましたが、やはり外国出身の方も多かったです
その中で、当たり前のことだと思いますが、皆さん自分の国に誇りを持っていて、自分の国のことをもっと知ってほしいと思っていらっしゃるということを実感しました。

外国出身の方々とお話していると、やはり考え方や感じ方、知っていることが日本人と違っていて、とても興味深いです
何だかその国が身近に感じられて来て楽しくなります

来年度はどんな方々にお会いできるかな~と楽しみです
皆さんに楽しんでいただける企画をしたいと思いますので、来年度もよろしくお願いいたします
(M)
ここで仕事を始めてからやっと一ヶ月が経ちました。はっきり言って全然慣れません。なんせ岩手に引っ越してきてからもまだ9ヶ月、地理も不案内ななかで、生涯教育センター街地区、三ケ尻地区、南方地区、西部地区、永岡地区、北部地区とか「一体どこじゃっ?」ってな感じで、国際理解講座でなんたら小学校へ行くといっても、これまたわかりません。Mさんから手とり足取り教えてもらっていますが、これじゃ彼女一人でやったほうがよっぽど効率が良いのではないかと思っています。

毎日、テレビの天気予報を見て、ようやく岩手県内の大まかな地理が分かってきたところですが、考えてみれば結婚以来休みの度にこちらへ来ていたもののいつも農家の手伝いばかりで(実はこれが楽しくて来ていたのですが)どこにも出かけてなかったなぁと思います。

この金ケ崎町はMさんに連れられて各地のセンターを回ったところ、古い町並みもあったりして、結構良さそうな雰囲気ですね。機会があれば色々と歩いてみたいと思っています。

実は、国際交流協会の事務局なんてもっと暇だと思っていました。手の空いている時に色々な町の施設を回ってそこでお茶でも飲みながら、国際交流のあり方についてお話でもしていればいい位の気持ちでいたのですが、来てみて仕事の多さにちょっと戸惑っています。もう少し慣れれば効率も良くなるのじゃないかとの期待もありますが。。。。

※事務局Mより
私も新任の時に思ったことですが、思っていた以上に色々な仕事があり、特にイベント時期は慌ただしい日々です。そんな中、Kさんは「これお願いします!」という私の突然の振りにもしっかり応えて下さり、とても頼りになる方ですじきに慣れて、余裕でお仕事をこなすようになられると思います
 25353735_552548281754995_5451657522969444454_n.jpg
25446050_552548201755003_2429245976986419571_n.jpg 25353831_552548058421684_2032101663315390008_n.jpg

最近クッキーづいている事務局です

イギリス伝統のクッキー、ショートブレッド3種作りました ココナッツオイルやフェアトレードの紅茶の葉など使ってみました かなり写真映えしない出来ですが・・・お味は我ながら、なかなか美味しくできました ショートブレッドの基本の素材は小麦粉、砂糖、バターとシンプルですが、配合や焼く温度・時間など本当に奥が深いです。

協会では先日の英語キャンプを終えて、来年2月18日に実施予定の新年会イベントの準備に入っています 例年、春節の時期に合わせて新年会を開催していますが、一昨年からは「金ケ崎 de 世界のTea Party」として世界各国のお話、音楽、展示物、食べ物などを楽しんでいただく交流イベントを開催しています。今夜は第1回の企画委員会がありますので、そのたたき台としてイギリスのお菓子を作ってみたのですが、果たして採用されるでしょうか

イベントの詳しい内容が決まりましたらホームページでご案内いたしますので、どうぞお楽しみに
毎年恒例の「Kanegasaki English Camp」が今年も開催されました!金ケ崎の中学生がネイティブ講師と一緒に、一日英語で過ごす行事です。詳しい様子は協会ホームページに掲載しています。
「2017 Kanegasaki English Camp開催しました!」

町のネイティブ講師の方々が毎年趣向を凝らしたアクティビティを準備されるのですが、その中でも特に人気なのがcookingお菓子の家の組み立てやクッキーデコなど、いつも参加した生徒さん達は喜んで取り組んでくれます

今年のメニューは「キャンディーケインクッキー」。クリスマスツリーにぶら下がっているネジネジのキャンディー型のクッキーです例年は時間の関係があり、あらかじめこちらでクッキーを焼き上げておき、当日はデコレーションだけだったのですが、今年は生地からの取り組みとあって、例年以上に楽しんでくれたようです
DSC08569.jpg 101.jpg

その作業中、驚いたことがひとつ。コリン先生が、生地の欠片をパクリ。「うん、美味しい!(英語で)」 私達日本人スタッフはビックリ!えっ、生で食べちゃうの?お腹痛くしない?「大丈夫、大丈夫!」そして作業は進み、カリッサ先生も生地をパクッとしてニッコリ。ええっ!?

ネットで調べてみたところ、アメリカの方は生のクッキー生地が大好きで、何と専門店もあるのだそうですw(゚o゚)w アイス感覚で生地をすくって盛り付け、食べるとのこと。焼いた場合は、こんがりサックリよりも半生~柔らかめが良いらしいです。文化の違いだなぁ~と驚いた出来事でした

ちなみに実際のところ、市販されているcookie doughや専門店では生で食べてもOKな材料を使っているそうですが、自分で作った生地は生卵や生小麦粉なので、あまりオススメはされていないようです

 | ホーム |  前のページ»»


  1. 無料アクセス解析