プロフィール

KIFAスタッフ

Author:KIFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。


最新記事


カテゴリ


ここで仕事を始めてからやっと一ヶ月が経ちました。はっきり言って全然慣れません。なんせ岩手に引っ越してきてからもまだ9ヶ月、地理も不案内ななかで、生涯教育センター街地区、三ケ尻地区、南方地区、西部地区、永岡地区、北部地区とか「一体どこじゃっ?」ってな感じで、国際理解講座でなんたら小学校へ行くといっても、これまたわかりません。Mさんから手とり足取り教えてもらっていますが、これじゃ彼女一人でやったほうがよっぽど効率が良いのではないかと思っています。

毎日、テレビの天気予報を見て、ようやく岩手県内の大まかな地理が分かってきたところですが、考えてみれば結婚以来休みの度にこちらへ来ていたもののいつも農家の手伝いばかりで(実はこれが楽しくて来ていたのですが)どこにも出かけてなかったなぁと思います。

この金ケ崎町はMさんに連れられて各地のセンターを回ったところ、古い町並みもあったりして、結構良さそうな雰囲気ですね。機会があれば色々と歩いてみたいと思っています。

実は、国際交流協会の事務局なんてもっと暇だと思っていました。手の空いている時に色々な町の施設を回ってそこでお茶でも飲みながら、国際交流のあり方についてお話でもしていればいい位の気持ちでいたのですが、来てみて仕事の多さにちょっと戸惑っています。もう少し慣れれば効率も良くなるのじゃないかとの期待もありますが。。。。

※事務局Mより
私も新任の時に思ったことですが、思っていた以上に色々な仕事があり、特にイベント時期は慌ただしい日々です。そんな中、Kさんは「これお願いします!」という私の突然の振りにもしっかり応えて下さり、とても頼りになる方ですじきに慣れて、余裕でお仕事をこなすようになられると思います
 25353735_552548281754995_5451657522969444454_n.jpg
25446050_552548201755003_2429245976986419571_n.jpg 25353831_552548058421684_2032101663315390008_n.jpg

最近クッキーづいている事務局です

イギリス伝統のクッキー、ショートブレッド3種作りました ココナッツオイルやフェアトレードの紅茶の葉など使ってみました かなり写真映えしない出来ですが・・・お味は我ながら、なかなか美味しくできました ショートブレッドの基本の素材は小麦粉、砂糖、バターとシンプルですが、配合や焼く温度・時間など本当に奥が深いです。

協会では先日の英語キャンプを終えて、来年2月18日に実施予定の新年会イベントの準備に入っています 例年、春節の時期に合わせて新年会を開催していますが、一昨年からは「金ケ崎 de 世界のTea Party」として世界各国のお話、音楽、展示物、食べ物などを楽しんでいただく交流イベントを開催しています。今夜は第1回の企画委員会がありますので、そのたたき台としてイギリスのお菓子を作ってみたのですが、果たして採用されるでしょうか

イベントの詳しい内容が決まりましたらホームページでご案内いたしますので、どうぞお楽しみに
毎年恒例の「Kanegasaki English Camp」が今年も開催されました!金ケ崎の中学生がネイティブ講師と一緒に、一日英語で過ごす行事です。詳しい様子は協会ホームページに掲載しています。
「2017 Kanegasaki English Camp開催しました!」

町のネイティブ講師の方々が毎年趣向を凝らしたアクティビティを準備されるのですが、その中でも特に人気なのがcookingお菓子の家の組み立てやクッキーデコなど、いつも参加した生徒さん達は喜んで取り組んでくれます

今年のメニューは「キャンディーケインクッキー」。クリスマスツリーにぶら下がっているネジネジのキャンディー型のクッキーです例年は時間の関係があり、あらかじめこちらでクッキーを焼き上げておき、当日はデコレーションだけだったのですが、今年は生地からの取り組みとあって、例年以上に楽しんでくれたようです
DSC08569.jpg 101.jpg

その作業中、驚いたことがひとつ。コリン先生が、生地の欠片をパクリ。「うん、美味しい!(英語で)」 私達日本人スタッフはビックリ!えっ、生で食べちゃうの?お腹痛くしない?「大丈夫、大丈夫!」そして作業は進み、カリッサ先生も生地をパクッとしてニッコリ。ええっ!?

ネットで調べてみたところ、アメリカの方は生のクッキー生地が大好きで、何と専門店もあるのだそうですw(゚o゚)w アイス感覚で生地をすくって盛り付け、食べるとのこと。焼いた場合は、こんがりサックリよりも半生~柔らかめが良いらしいです。文化の違いだなぁ~と驚いた出来事でした

ちなみに実際のところ、市販されているcookie doughや専門店では生で食べてもOKな材料を使っているそうですが、自分で作った生地は生卵や生小麦粉なので、あまりオススメはされていないようです
文化祭(表)文化祭(裏)

毎年開催されている「金ケ崎町芸術文化祭」では、1ヶ月にわたり作品展示やワークショップイベント、音楽発表など様々な催しが続きます。今年は3年続いた「げいぶんワークショップ」がリニューアルし、子育てサークルの皆さんが中心となって運営する「はぁと♡マム文化祭」という新しい企画になりました!若いお母さんたちのエネルギーはすごいなぁと、感心しきりの今日この頃です

作って楽しめるワークショップ、観て楽しいステージ発表、フードコート、癒やし系、お子さんと一緒でも遊べるコーナーや託児も設けられ、1日ゆっくり過ごすことができそうです

KiFAでは、中国江蘇省からの留学生さんをお招きしてお茶会を開催しますバドミントンや走り幅跳び・走り高飛びが得意というスポーツウーマン!お料理も得意素敵ですね今回は中国のお茶やお菓子をいただきながら、彼女が好きだという五目並べを一緒に楽しみたいと思います

そして、永岡地区自治振興祭に続き「フェアトレードショップ」も行います生産者の方々が大事に作られた手作りの食品を販売します

品目/チョコレート(冬期間限定商品)、コーヒー、紅茶、ハーブティ、クッキー、スパイス、カレールー、ドライフルーツ、黒糖、ジャム
すべてフェアトレード商品です。手作りの暖かさが感じられ、体にも優しい食品ばかりです

きっと美味しいと思うけれど・・・やっぱりお値段がという方にお試しいただくため、一部食品は小分けにして試食販売もいたしますこの機会に、美味しく楽しく国際貢献してみませんか

皆様のお越しをお待ちしております\(^o^)/
l詳しくはホームページをご覧ください
協会主催のバスツアーに行って参りました!詳しい報告は協会ホームページに掲載していますので、良かったらご覧ください
「遠野グローバルプラザ 研修ツアー報告」

研修先の「遠野グローバルプラザ」では、アフリカのブルキナファソという国で支援活動をされていた細川さんからお話を伺いました。細川さんが行かれた村では日本人が支援に入るのが初めてで、現地の方との関係を作るのに少し時間がかかったそうですが、村の方々はとても優しく、少しずつ人との繋がりができて溶け込むことができたそうです。支援内容も自分で考えて行うため、まず現地の方が何を求めているかを考えることから始まりましたが、質素ながらも毎日楽しく過ごしている人々を見ていると、一体自分が何かしてあげる必要があるのか考えてしまったというお話が印象的でした。現地では日本にいるより自然体で喜怒哀楽を出して生活することができた、ぜひまた遊びに行きたいと話されていました。

見学先のグローバルプラザの展示室には世界各国の衣装が展示されていて、自由に試着することができますちょっと着てみようかな~位の気持ちでしたが、皆さんと一緒に「これ似合うんじゃない?」などワイワイ試着していると楽しかったです
DSC08083.jpg DSC08078.jpg

昼食は遠野市内に戻り、韓国料理店「Korian Kitchen かじゃな」さんにお邪魔しました石焼ピビンバ、サムゲタン、チゲ、クッパ、海苔ちらしなどなど、韓国の本格メニューがたくさん私は石焼チーズピビンバをいただきましたが、ピビンバはもちろん、わかめスープとおかずの美味しさにビックリ!スープはダシが効いていて春雨はシコシコとした歯ごたえが良く、キムチも旨味がありながらさっぱりした味わい。驚いたのは、杏仁豆腐のソースに酸味があったこと。調べてみたところ、杏ソースなのでしょうか?初めの味わいでした。今度はピビン麺をいただきに再訪します 「Korean Kitchen かじゃな」
DSC08135.jpg DSC08139.jpg

普段から知っている方々でも、一緒の時間を過ごすことでぐっと距離が近くなることを感じた研修ツアーでした

 | ホーム |  前のページ»»


  1. 無料アクセス解析