プロフィール

KIFAスタッフ

Author:KIFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。


最新記事


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと段落

今日の胆江日日新聞に、西小学校での国際理解ワークショップを掲載していただきました。
楽しいイベントでの国際理解なら、公募して参加してもらえるんですけれど、死に直面している子どもたちの講座なんかになると。。。そうそう受けたい!と手を挙げてもらえるわけがないので、町内の小中学校にお願いして、総合学習などの時間を割いてもらい、国際理解の出前講座をやらせていただいています。
毎年、お声をかけても全部の学校から申し出は出ませんが、
今年は、町内の小学校全部から「ぜひ、お願いします!」と連絡がありました。

ありがとうございます。

小学校だって、暇な訳ではなく、秋の学習発表会までは行事がびっしりでなかなか時間の枠が取れないようです。
だから、学習発表会が終わったと同時に、一斉に日程が詰まっていきました。

11月15日(月)から4校、6講座と立て続けにありまして、昨日の西小学校で年内の小中学校めぐりは終了です。
1月末の金ケ崎小学校までは、少しお休みとなります。

今回は、何故か、世界の子どもたちの現状を知るというテーマの講座やワークショップが多かったです。

講師は違っても、それぞれの学校で学び感じたことを、それぞれの学校が集って発表しあい、意見交換をしながら、更に理解を深めるなんてことになれば、とっても良いなって思いますね。

年にたった1回の講座です。興味関心を持つきっかけに過ぎません。
子どもたち自身も自分で学び
先生方がその興味を伸ばしていって下さればいいなぁって思います。


来年度は、中学校からも!
出前の依頼をお願いしますね。
(N.I)
スポンサーサイト

発掘

今年の小中学校めぐりのスタートとなったのは、よしえもん先生が担当した永岡小学校の5,6年生の国際理解ワークショップでした。
ワークショップの様子はココに掲載中です。
ほるぷ出版の「世界の子どもたち」という本を使いました。

ワークショップの最後に本の紹介はしましたが、本のコピーは白黒で(当たり前ですね)いまひとつイメージがつかめません。
会報誌「国際交流かわら版」の記事を書くときの資料としても、ぜひ本物が見たい!
そこで、図書館の蔵書を調べたら、我が町にもこの本がありました!
それも、町の図書館ではなく、

永岡小学校に!!!!

これは、何かの縁ですね。
早速、小学校に電話して貸して下さいと申し出ました。


すると、先生が

「今、学校の建て替え中なんで…、
図書室の本のほとんどは、体育館にダンボール詰めされて保管されてるんです。どこに入っているか分からないので、1ケずつ箱を開けて探さないといけませんがどうします?」
とおっしゃいます。

仕方がない。探すとするか。


主任先生にも同行していただいて、二人で1箱ずつ開封して探していきました。

ダンボールは、物語や百科事典、生活科学の資料などの分類毎に番号がふられていました。
でも、こういう資料がどの番号なのか分からず、中身と番号を合わせながらどんどん箱の中をあらためていきました。
どうやら9は、物語の様です。
9は、後回しにして他の箱を開けていく方針に切り替えて
更にガンガン開けて行きました。
もうそろそろ9しか残っていないから、
諦めようかと思ったその時、

「分類3」のダンボール箱が現れました!!!!

3なんて、今まで出てきたことが無かったので
大いに期待しながらガムテープをはずすと

あったぁーーーーーー!
なんと!一番上に乗っかっているではありませんか!!!
ほるぷ出版「世界の子どもたち」ほるぷ出版「世界の子どもたち」

やぁー、なんとドラマティックなんでしょう!


先生は内心、きっと見つからないだろうと思っていたそうです。

かわら版を書きあげたら小学校にお返しします。
5,6年生の子たちに、この本をぜひ見せたいですね。

見つかって良かった。
先生、一緒に探して下さりありがとうございました。
(N.I)

クイズです。

これは、いったい何でしょうか?

これは、いったい何でしょうか?

ヒント1
フィリピンの方に作ってもらいました。

ヒント2
子供の頃、よく遊んだそうです。

ヒント3
踢毽子
これも同じ遊びの道具です。中国の方に作ってもらいました。

答えは!
11月16日の小中学校めぐりで明らかに!!!
永岡小学校の皆さん、待っててね

(N.I)


答え:シーパといいます。
   フィリピンの羽蹴り遊びの道具です。
   ビール瓶のフタに穴を開け、
   ワッシャーなどの重りを詰め
   キャンディーの包み紙を穴に通して出来上がり。

   中国の物は、踢毽子(ティジェンズ)といいます。
   これは、手作りの物ですが、今は、市販の羽根が主流です。

   どちらもサッカーのリフティングの様に足で蹴り上げ、落とさないように何回も蹴り続ける遊びです。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析