プロフィール

KiFAスタッフ

Author:KiFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。写真は協会キャラクターのコクサイ恐竜くん。


最新記事


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年恒例の「Kanegasaki English Camp」が今年も開催されました!金ケ崎の中学生がネイティブ講師と一緒に、一日英語で過ごす行事です。詳しい様子は協会ホームページに掲載しています。
「2017 Kanegasaki English Camp開催しました!」

町のネイティブ講師の方々が毎年趣向を凝らしたアクティビティを準備されるのですが、その中でも特に人気なのがcookingお菓子の家の組み立てやクッキーデコなど、いつも参加した生徒さん達は喜んで取り組んでくれます

今年のメニューは「キャンディーケインクッキー」。クリスマスツリーにぶら下がっているネジネジのキャンディー型のクッキーです例年は時間の関係があり、あらかじめこちらでクッキーを焼き上げておき、当日はデコレーションだけだったのですが、今年は生地からの取り組みとあって、例年以上に楽しんでくれたようです
DSC08569.jpg 101.jpg

その作業中、驚いたことがひとつ。コリン先生が、生地の欠片をパクリ。「うん、美味しい!(英語で)」 私達日本人スタッフはビックリ!えっ、生で食べちゃうの?お腹痛くしない?「大丈夫、大丈夫!」そして作業は進み、カリッサ先生も生地をパクッとしてニッコリ。ええっ!?

ネットで調べてみたところ、アメリカの方は生のクッキー生地が大好きで、何と専門店もあるのだそうですw(゚o゚)w アイス感覚で生地をすくって盛り付け、食べるとのこと。焼いた場合は、こんがりサックリよりも半生~柔らかめが良いらしいです。文化の違いだなぁ~と驚いた出来事でした

ちなみに実際のところ、市販されているcookie doughや専門店では生で食べてもOKな材料を使っているそうですが、自分で作った生地は生卵や生小麦粉なので、あまりオススメはされていないようです
スポンサーサイト
英語キャンプinかねがさき もうすぐです金ケ崎町は英語の町として英語教育に力を注いでいます幼稚園、小学校でも英語の学習が取り入れられ、ダニエル先生は引っ張りだこのようですよ英語のみならず、小さいうちから外国の文化に触れられるというのも子供たちにとっては刺激的ですよね。

先日、アンドリューさんとダニエルさんが英語キャンプで作る「ジンジャーブレッド」をそれぞれ作って来てくれました。クリスマスといえばジンジャーブレッド!しょうがパウダーの入ったクッキーです親子で作ったりするそうですよ。手作りは個性が出ますね~

アンドリューさんのは、しっかり焦げ目がついてサクサク、ジンジャー控えめのタイプ
IMG_0013.jpg


ダニエルさんのは、大きくてかわいい飾り付け、しっとり、ジンジャー多めのタイプ
IMG_0014.jpg
Very Cute!

どちらもとーーーっても美味しかったですお料理大好きなお二人は率先して作って来てくれたんです、すごいなぁ。作るのに4時間かかったそうですがとっても素敵な笑顔でクッキーについて語っていました。試作してみて当日は生地作りからではなく、型抜き、飾り付けからとなります。

参加者15名、思いっきり英語とふれあって欲しいです。そして、英語だけで話すチャンスなのでメチャクチャでもどんどん会話をして英会話の楽しさも知って欲しいなと思います

(S.H)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析