プロフィール

KIFAスタッフ

Author:KIFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。


最新記事


カテゴリ


モンゴル村
この連休中、初めて「滝沢モンゴル村」に泊まってきました
岩手山麓、小岩井農場の近くにあります。モンゴルの家「ゲル」に泊まり、BBQをしたり美しい星空をみたり、自然を満喫できる場所です

正直に言うとゲルの宿泊は初めてで少し不安があったのですが、しっかりした作りで気温が下がってもストーブを炊くととても暖かく、清潔なシーツや枕カバーを準備していただいて快適に泊まることができました

空には雲が多く星空は諦めていましたが、夜遅くに雲が切れて綺麗な星空を楽しむことができました!
モンゴル村内には一晩中明かりが点いていますが、散策路を少し歩くと岩手山と鞍掛山が一望できる暗くて開けた草原があります。そこで星を眺めていると、時間の流れが止まったように感じました。

隣接の温泉が閉鎖中で、モンゴル村ではお湯が使えず洗面は少し不便でしたが、車で移動すると近隣に網張温泉などがあります。機会があればモンゴル気分を体験しにいらしてみてください
11月10日は永岡地区の文化祭にモンゴルのゲルが出現すると情報と受けていましたので・・・行って来ました
ゲル1 ゲル5
モンゴルの民族衣装に身を包んだお二人が!どちらもモンゴル出身の方かと思っていたら、青い服の方は地区の方でした
ゲルの中はこんな感じでした。
ゲル2 ゲル3 ゲル4
モンゴルの衣装の展示&体験、雑貨の販売が行われていました。テントの屋根部分の中央から太陽の光が降り注ぎ・・・緩やかで温かみがある感じでした。

ゲルの中では、「らくだの涙」の上映会と馬頭琴のミニ演奏会が開かれました。
ゲル6
馬頭琴の体にジーンと響く音が素晴らしかったです。しかもゲルの中で体験できるなんて、凄いぃぃ
ゲル7
モンゴルの喉歌ホーミーの紹介もありました。3年間練習しているそうですが、すごく難しいそうです

文化祭の会場では・・・
「生演奏を聞きながらの喫茶コーナー」にて二胡・ギター・ピアノ・歌を堪能しました
永岡 文化祭
手作りの野菜入りケーキがとっても美味しかった~
演奏している皆さんもとっても素敵でした
来春の春節祭にオファーしようかしらと企んでいる事務局です

ゲルは滝沢モンゴル村から来ました。ホームページはこちら!

(Y.O)
本日、KiFA(金ケ崎町国際交流協会)創立20周年のオリジナルTシャツが納品になりましたぁ(^^)

DSC_0095.jpg DSC_0093.jpg

色はネイビー、マットパープル、ライムグリーン、ピンクの4色から選べます。バックと右胸にKiFAのロゴがプリントされています。
orizinaruT1

子供用は右胸のみにプリントが入ります。
orizinaruT2

会員の皆さん、注文は8月9日までです
注文お待ちしています♪

オリジナルTシャツの詳細はこちら♪

そして・・・コクサイ恐竜くんのステッカーも作成しました。
8月18日の「農業まつり&米の日」に販売する予定です
kokusaisutekka
コクサイ恐竜くん、いい仕事してくれよ~

7月13日(土)から当協会の20周年活動パネル作成の会が始まりました

20年の活動を、写真データや10年分のかわら版や総会資料で振り返りました。
パネル作成1

どの写真を使うか吟味したのですが・・・思い出話に浸り、なかなか進みません(笑)
「懐かしいね~」「この先生素敵だったね~」「みんな変わらないね~」などお話をしながら、写真を選ぶのはとっても楽しいです
パネル作成2

20周年の活動パネル作成の会の活動日は
7月20日(土)10:00~12:00
8月 3日(土)10:00~12:00
8月10日(土)10:00~12:00
会場は、金ケ崎町中央生涯教育センター
ご興味がある方ぜひご参加下さい

先日、会員さんのお宅へお邪魔してきました。
用事がなくて行った訳ではありませんよ
「以前出した本を改訂してまた出したのよ」と聞いたので取材に行ってきたのです。

2011年に最愛のご主人を亡くされ「私が彼にできることは?」と思いたち改訂版を出版したそうです。
マレーシアに8.5年、オーストラリアに15.5年、合計24年・・・人生の3分の1を海外で過ごした栄子さんは、とってもお話好きでユーモア独特の感性をお持ちで、とても80歳とは思えない女性でしたすっかりお話に引き込まれてしまい約2時間、お互いペラペラと色々な話しをしました。時折私が話したことをメモしていらっしゃいました…ドキッとしました(笑)

外国人=アメリカ人だった昭和30年台後半、日本ファンだったマレーシア人のアベデーンさんからのプロポーズ、希望と未来を夢見てしかし涙ながらに嫁いだ話。マレーシアでの暮らしや、その後移民としてオーストラリアに渡った話しなど、栄子さんの夫と共に歩んだ道のりが書かれています。辛いことも楽しいことに変える事ができる人だなぁ~と感じました。

ご興味がある方、ぜひお買い求め下さい

アブドルガーター・栄子さん
自宅にて

自宅前の並木道にて
DSC01811.jpg


平成25年5月に発行した本がこちらです。
平成8年10月に発行した「国際結婚バンザイ」に加筆訂正を加えたものです。
DSC01817.jpg


 | ホーム |  前のページ»»


  1. 無料アクセス解析