FC2ブログ

プロフィール

KiFAスタッフ

Author:KiFAスタッフ
金ケ崎町国際交流協会の事務局です。写真は協会キャラクターのコクサイ恐竜くん。


最新記事


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発掘

今年の小中学校めぐりのスタートとなったのは、よしえもん先生が担当した永岡小学校の5,6年生の国際理解ワークショップでした。
ワークショップの様子はココに掲載中です。
ほるぷ出版の「世界の子どもたち」という本を使いました。

ワークショップの最後に本の紹介はしましたが、本のコピーは白黒で(当たり前ですね)いまひとつイメージがつかめません。
会報誌「国際交流かわら版」の記事を書くときの資料としても、ぜひ本物が見たい!
そこで、図書館の蔵書を調べたら、我が町にもこの本がありました!
それも、町の図書館ではなく、

永岡小学校に!!!!

これは、何かの縁ですね。
早速、小学校に電話して貸して下さいと申し出ました。


すると、先生が

「今、学校の建て替え中なんで…、
図書室の本のほとんどは、体育館にダンボール詰めされて保管されてるんです。どこに入っているか分からないので、1ケずつ箱を開けて探さないといけませんがどうします?」
とおっしゃいます。

仕方がない。探すとするか。


主任先生にも同行していただいて、二人で1箱ずつ開封して探していきました。

ダンボールは、物語や百科事典、生活科学の資料などの分類毎に番号がふられていました。
でも、こういう資料がどの番号なのか分からず、中身と番号を合わせながらどんどん箱の中をあらためていきました。
どうやら9は、物語の様です。
9は、後回しにして他の箱を開けていく方針に切り替えて
更にガンガン開けて行きました。
もうそろそろ9しか残っていないから、
諦めようかと思ったその時、

「分類3」のダンボール箱が現れました!!!!

3なんて、今まで出てきたことが無かったので
大いに期待しながらガムテープをはずすと

あったぁーーーーーー!
なんと!一番上に乗っかっているではありませんか!!!
ほるぷ出版「世界の子どもたち」ほるぷ出版「世界の子どもたち」

やぁー、なんとドラマティックなんでしょう!


先生は内心、きっと見つからないだろうと思っていたそうです。

かわら版を書きあげたら小学校にお返しします。
5,6年生の子たちに、この本をぜひ見せたいですね。

見つかって良かった。
先生、一緒に探して下さりありがとうございました。
(N.I)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料アクセス解析